大学生活

Fラン大学生が実践したTOEIC700点を取る勉強法とは?~785点保持者が語る~

 

TOEICの点数を上げたい大学生
「TOEIC600点まではなんとか取れたけど、中々700点に到達しないなぁ、、何か良い勉強法あるかな、、」

このような疑問に答えます。




筆者はFランの大学に通う大学生ですが、適切な方法で勉強する事によってTOEIC785点を獲得する事が出来ました。

この記事では、Fラン大学生でも出来た、TOEIC600点から700点にニョキっとアップさせる方法を公開したいと思います。やる気のある方は、しっかりこの記事を読み込んで、実践してください。
人気記事【完全保存版】暇な大学生が有意義に過ごすためにやるべき事~5選~

結論:TOEICの点数アップには公式問題集が必須。

TOEICの点数をアップさせたいなら、まず、TOEIC公式問題集を入手しましょう。
なぜなら、この本の中にある問題というのは、実際にTOEICの中で出てくるような問題が結構集められているから。

疑問:他の参考書じゃダメなの?

世の中には星の数ほど参考書がありますが、少なくとも現時点でTOEIC600点を持っているなら、公式問題集さえあれば十分です。なぜなら、

TOEIC600点 = 最低限の英語の基礎力がある

ということだから。後はTOEICの問題の形式に慣ればOKです。

TOEICの過去問を使って勉強することで、わからない単語があった、知らない単語があった、わからない文法があったという時に、この問題集で勉強して、自分が知らないものをきちんと覚えていくことが出来ます。それが1番手っ取り早い勉強方法です。

*補足

TOEIC600点を取っていても、リスニング、リーディングのどちらかが200点以下だと基礎がついているとは言えません。リスニング、リーディング共にしっかりと基礎を身につけ、TOEIC600点を獲得する方法は、また別記事にまとめます。

疑問:どの公式問題集をやればいいの?

公式問題集もたくさん出ていますが、最新のものをやればOKかと。

とりあえず、この1冊があれば十分です。なお、一度問題を解くだけでは、点数はアップしません。次は具体的な勉強法について解説します。

TOEIC700点取るための手順

次の通り。

  • 手順① : 一回本番と同じつもりで全て解き、間違えたところにチェック
  • 手順② : 復習する
  • 手順③ : 再度、同じ問題を解く

これを繰り返せばOK。

手順① : 一回本番と同じつもりで全て解く

一度本番と同じつもりで、2時間リスニングとリーディング問題を解いてみましょう。この時途中で休憩などを入れてはいけません。あくまで、本番と同じつもりで。
そして、答え合わせをし、間違えた問題をチェックしましょう。自分が間違えた問題を確認することによって、自分の得意な分野と苦手な分野を分析することが出来ます。

手順② : 復習する

さて、ここがこの記事で一番重要な復習の方法です。

リスニング(part1~part4)の復習方法

間違えた問題につき音読×2 + リスニング×2を計5回行う

つまり、間違えた問題につき、合計音読10回、リスニング10回行うということですね。
なぜこんなことをやるのかというと、リスニング力を上げるポイントとして以下の3つのポイントがあるから。

  • 意味がわかる
  • 発音できる
  • 聴くスピードに慣れる

まず、読んで理解できないものが聞き取れるわけがないですよね?また、リスニングでは英語の発音と流れる英文を聞き取って理解する必要があります。
これらの3つのポイントを抑えるためには、音読とリスニングを繰り替えすのが一番なのです。

リーディング(part5~part7)

  • 全問解いたら正解した問題も含め全ての解説を読み理解する
  • 全問正解になるまで繰り返し解く
  • 全問正解したら次は目標時間内に解く(part5: 10分、part7:60分)

この手順でパートごとにこなしていきましょう。

なぜ、正解した問題も復習するのかというと、なんとなく答えてまぐれ合っていた問題もあるから。全問の解説を読んで不正解の問題だけでなく正解した問題も解き方のパターンを頭に叩き込みましょう。

そして、この時ただ覚えた答えの記号を選ぶのでは意味がありません。初めて解く問題としてイメージし解き方を思い描きながら解きましょう。

また、正解した問題も含めて全問正解するまで何周を繰り返し解く時間を設定して解く時間のプレッシャーをかけることで自然と速読力がつきます。

手順③ : 再度、同じ問題を解く

「手順②」を全て終えたら、また同じ公式問題をもう一周しましょう。

まとめ:TOEICの点数アップの鍵は「復習」しまくる事です

この記事のポイントをまとめます。

  • 手順① : 一回本番と同じつもりで全て解き、間違えたところにチェック
  • 手順② : 復習する
  • 手順③ : 再度、同じ問題を解く

こんな感じです。
まずは上記にあるTOEICの公式問題集を買って、問題を解くことから始めましょう。

大学生のTOEICの平均点は約450~500点です。

なので、TOEIC700点を取る事ができれば、それだけで他の学生と差をつける事が出来ますね!!
勉強は面倒かもしれませんが、勉強するだけで就活などで優位に立てるならこんな楽なことはありませんね。

先ほどの公式問題集をもう一度下に置いておきますので、持っていない方はスグに購入して、勉強を始めてくださいね!

 

人気記事【裏技】大学生でもスグできる不労所得の方法4選【副業】

人気記事【完全保存版】暇な大学生が有意義に過ごすためにやるべき事~5選~

ABOUT ME
リク@学生海外エンジニア
バンコクで働く大学生エンジニア兼講師。海外経験を積むため休学して元LINEの天才エンジニアに弟子入りしタイに移住。3ヶ月でWEBサービスを開発。その経験からプログラミング学習の秘訣を書きます。
フリーランスエンジニアになって自由に生きよう

【大学生へ】

「 毎日満員電車に乗って、クタクタになるまで働いても、給料はスズメの涙… 」

あなたがこのまま何も努力をしなかった場合、必ず上記のように、ツマラナイ毎日を過ごすことになります。ところが、今からでもこんな状況から脱出する方法があります。

それが、フリーランスエンジニアになることです。ぼくは文系大学生からフリーランスエンジニアになりましたが、ぶっちゃけ最高です。

フリーランスエンジニアになって自由に生きたいという方は、ぼくが紹介している記事を読んでみてください。

大学生がフリーランスエンジニアとして働いてみた感想【最高】