大学生活

就活したくない大学生はいったん休学するべき【人生を変える】

今までの大学生活、特に何もせずに過ごしてしまった、、

このまま就活するのはイヤだから休学しようかなぁ、、

こんな疑問、不安に答えます

こんにちは、りくです。ぼくは、2018年の4月から休学して現在バンコクでフリーランスエンジニアとして働いています。

ぼくも休学する前は「将来どうしようかな…」という感じでしたが、休学してみると、人生の方向性がなんとなく見えてきました。

これらの経験から、「このまま、就活してもなあ…」と感じている大学生に向けて、記事を書いていきますね。

結論

先にネタバレをしますと、就活で悩んでいる大学生は休学をした方が良いです。

今大学生で休学したいけど不安というかたは、ぜひこの記事を読んでください。

【結論】大学生は休学した方がいいですよ

なぜなら、大学生は自分の将来について考える時間を作るべきだから。

休学して人生の空白時間を作りましょう

多くの大学生の問題、それは真剣に自分の将来について考える機会がない、ということ。

大学生はサークルやバイト、面白くもない授業などに追われて、自分の将来について考える時間がありません。

こうして、時間に追われて過ごしていると、あっという間に就活の時期になります。

そしてその時初めて「あれっ、自分って何がしたいんだっけ、、」初めて自分と向き合うことになります。これではぶっちゃけ遅すぎです。

もし就職をするなら、自分のやりたいことやどのように生きていきたいか見つけ、その目的を叶える手段とするべき。

多くの人は、なんとなく周りに流されてやりたくもないことで就職し、「社会人はこういうものだ」と諦めて働いています。

人生100年もあるんですよ。これではなんのために生きているかわからないし、ツラすぎです。

だからこそ、この問題を解決させる手段の一つとして休学があるのです。

休学をすることで、1年間何にもとらわれない人生の空白時間を作ることができます。そしてその時間を使ってあなたの人生の方向性を見つけることができます。

人生の方向性ってなんや?

おそらく休学を悩んでいる大学生は、「自分はこれからどうやって生きていこう、、」というような漠然とした悩みを持っていると思います。

休学すると、自分の価値観が広がるのでやりたいことや、自分が目標とする生き方を見つけやすくなりますよ。

なぜなら、大学生が普段中々会えない大人に会う機会が自然と増えるから。

普通の大学生が会う大人といえば、

  • バイト先の社員
  • OB訪問などで会うサラリーマン

くらいではないでしょうか。

もちろんサラリーマンという生き方は決して悪いものではないです。しかし、あなたが目標とする生き方がサラリーマンではなかった場合、自分の将来の選択肢を狭めることになります。

でも、休学して自分の知らない環境に飛び込むことで様々な大人に会いやすくなります。結果として、自分の中でピンとくる生き方を見つけやすくなります。

余談

ぼくの場合休学中し、エンジニアが集まる環境に飛び込み、バンコクで起業した方、週3だけ働きバリバリの稼ぐフリーランスエンジニア、ブロガーなど様々なタイプの大人に会いました。

このように色々な人に会うことで自分の価値観が広がり、こういう生き方もあると知ることができます。

様々な生き方があると知ることは重要です

日本の大学生は、大学卒業したらサラリーマンになるという強いレールが敷かれすぎているため、他の選択肢を選ぶ人間を異端視しすぎ。

それは言い換えると、どんな人でも働き口があるという意味では良いのかもしれません。

一方、自分に合った働き方や生き方を見つけられず、無理をしている人が多いのも事実です。

なので、休学をして色々な生き方があると知って、無理をしない自分に会った生き方を見つけましょう。

疑問 : 自分に合った生き方ってどうやって見つけるの?

TwitterなどのSNSを使いましょう。今の時代、SNSを使ってアクションすることは当たり前でして、これが出来るのと出来ないと大きな差がつくのかなと思います。

【オススメTwitterアカウント】

疑問 : 休学してまでやりたいことないけど,,?

「なんとなく、このまま就活するのは嫌だけど休学してまで特にやりたいことない」

という人に向けて言いたいのは、ぶっちゃけほとんどの人はやりたいことなんてないということ。

そもそも「一生夢中になる程やりたいことがあるんやー」という人はすでに行動しているハズですよね?

だからやりたいことがなかったら、自分がどのように生きたいかを考え、その生き方を実現するのに何が必要なことを考えましょう。そうすれば、自然とやるべきことが見えてきますよ。

余談

ぼくの場合、30代くらいまでにセミリタイアできる状態になりたいと思ったので、まず大きな組織で働くのではなく個人で圧倒的な力を持つ必要があると考えました。

そして色々試行錯誤した結果、ぼくのやるべきことは、

  • プログラミングを学んで個人として稼ぐ力を最大限効率化する
  • さらに情報発信をして個人の影響力を高める

の上記2点がまずぼくがやるべきことかなって感じです。

もう一度言いますが、サークルやバイトなど時間に追われていると人間は考える余裕がなくなります。

さらにあなたの価値観が狭いままだと就活時など人生の決断を、あなたの価値観ではなく他人に流されて選択をすることになるでしょう

休学して、人生の方向性を見つけましょう

あなたの「このまま就活してもなあ、、」という感覚は正しいです

そもそも仕事はツラいものという考え自体がちょっと古いです。

Youtuberなどを見ていればわかると思いますが、これからの時代、楽しんだものがドンドン結果を出していきます。

これからの仕事は、低賃金で頭を使わない仕事と高賃金でクリエイティブなことが求められる仕事の大きく二つに分けられていく。

これまでの、その中間であった事務などの多くの仕事は、ITによる効率化によってどんどんなくなっていきますよ。

だからこそ、休学して人生の方向性を決めることが重要なのです。

周りと合わせて就活して、無理をしてもツラいだけですし、心身消耗したら元も子もないですから。

就活をしたくない大学生はいったん休学してもいいんじゃない?

ABOUT ME
リク@学生海外エンジニア
バンコクで働く大学生エンジニア兼講師。海外経験を積むため休学して元LINEの天才エンジニアに弟子入りしタイに移住。3ヶ月でWEBサービスを開発。その経験からプログラミング学習の秘訣を書きます。
フリーランスエンジニアになって自由に生きよう

【大学生へ】

「 毎日満員電車に乗って、クタクタになるまで働いても、給料はスズメの涙… 」

あなたがこのまま何も努力をしなかった場合、必ず上記のように、ツマラナイ毎日を過ごすことになります。ところが、今からでもこんな状況から脱出する方法があります。

それが、フリーランスエンジニアになることです。ぼくは文系大学生からフリーランスエンジニアになりましたが、ぶっちゃけ最高です。

フリーランスエンジニアになって自由に生きたいという方は、ぼくが紹介している記事を読んでみてください。

大学生がフリーランスエンジニアとして働いてみた感想【最高】