パルクール

【これだけ読めば大丈夫!!】パルクールの始め方!!

様々な場所を自由に飛び回り、駆け抜けるスポーツ、パルクール。
自分も始めてみたい!!、、、と思っても情報が少なく何から始めたらいいかわりませんよね。
それもそのはず、残念ながらパルクールが盛んなアメリカや、ヨーロッパ圏に比べて
まだまだ発展途上のスポーツだからです。

 

そこで今回はパルクール歴5年くらい私が、初心者の方に向けて
パルクールの基礎的なことから、練習方法、練習場所までまとめました。
練習会などに参加した時に参考になると思いますよー^^
是非、参考にしてください!




そもそも、パルクールとは!?

上記の動画を見ていただければ分かると思いますが、
パルクールとは特別な道具を使わず跳ぶ、ジャンプ、登るなどの動きを組み合わせて人が持つ本来の身体能力を追求するスポーツです。

 

 

パルクールを始めてみよう!!

さあ、パルクールを始めてみましょう!!
以下では、初心者が必ず学ぶべきことを書いていきます。
是非、練習の参考にしてくださいねー

 

初心者が必ず学ぶべき基礎動作

どのスポーツでもそうですがしっかりと基礎を身につけることは大切ですよね。
野球の素振りと同じです。
以下ではパルクールをするに当たって必要な基礎をお教えします!!

正しい着地方法を学ぼう!

正しい着地方法を学びましょう。
ジャンプして着地をした時衝撃を和らげるためです!!
着地なんてなんでもいいよーなどと、着地を軽く考えてはいけません。
間違った着地を続けていると、膝や脚へのダメージが積み重なり、のちに取り返しのつかないケガに繋がってしまいます。

イギリスのプロフリーランナーでRedBullアスリートのライアン・ドイルは、飛び方を学ぶ前に、落ち方を学ばねばならない

という言葉を残しています。安全に落ちること、すなわち着地が出来ない人は、飛ぶことを許されません。不完全な着地を続けていけば膝や腰、足首などの関節にダメージを蓄積させ、ある日突然歩けなくなってしまいます。

ではどのようにして着地(landing)を学べは良いのでしょうか?
パルクールでは、ランディングとロールという二つの着地方法があります。
以下のリンクを参考にしてください!!


こちらがランディングですね。

 

受け身(ロール)



こちらがロールです!

 

プレシジョン


プレシジョンとは目的の場所に’’正確’’にジャンプする動作のことです。
ここで気をつけていただきたいのは、プレシジョンはただ長い距離を飛べれば良いというものではありません。
大事なのは、正確にピタッと止まれる距離を伸ばすことです。
ただ飛べば良いということではなく、フォームや着地の正確性なども求められるとても奥の深い動きです。
しっかり練習しましょう。

 

ヴォルト

ヴォルトとは、大体自分の腰くらいの高さの障害物を飛び越える時に使う技です。
このヴォルトにも様々な種類がありますが、初心者の方は、まずは一番簡単なから始めてみましょう!!

 

フロー


この動画の前半でヴォルトについて、後半でフローについてわかります。
みていただけると分かると思いますが、フローとはプレシジョンやヴォルトなどの動きを自由に組み合わせて、ある地点から目的地まで移動することです。

 

フローを極めれば、フリップ(宙返り)なしでもここまで綺麗に動けるようになりますよー

 

 

まとめ

いかがでしたか?
パルクールは、華やかな動きの裏にはこのような基礎練習の積み重ねがあったんですねー

皆さんもしっかりと基礎を身につけ、楽しいパルクールlifeをおくりましょう!!

 

*この記事は、以前私が書いたこの記事のリライト版となります。

ABOUT ME
リク@学生海外エンジニア
バンコクで働く大学生エンジニア兼講師。海外経験を積むため休学して元LINEの天才エンジニアに弟子入りしタイに移住。3ヶ月でWEBサービスを開発。その経験からプログラミング学習の秘訣を書きます。
フリーランスエンジニアになって自由に生きよう

【大学生へ】

「 毎日満員電車に乗って、クタクタになるまで働いても、給料はスズメの涙… 」

あなたがこのまま何も努力をしなかった場合、必ず上記のように、ツマラナイ毎日を過ごすことになります。ところが、今からでもこんな状況から脱出する方法があります。

それが、フリーランスエンジニアになることです。ぼくは文系大学生からフリーランスエンジニアになりましたが、ぶっちゃけ最高です。

フリーランスエンジニアになって自由に生きたいという方は、ぼくが紹介している記事を読んでみてください。

大学生がフリーランスエンジニアとして働いてみた感想【最高】